酵素ダイエットの基礎知識

不足すると・・・

体内で作られる酵素には、「代謝酵素」と「消化酵素」があります。

代謝酵素には、自然治癒力や免疫力を高める働きがあるため、代謝酵素が不足すると、風邪を引きやすくなったり、病気が治りにくくなったりします。

また、消化酵素は食べ物を消化分解し、体内に吸収するための酵素で、口から入った食べ物は、唾液の中に含まれるアミラーゼという酵素によって、デンプンが分解されます。

アミラーゼのほかには、胃液に含まれるタンパク質をアミノ酸に分解する「プロテアーゼ」、脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する「リパーゼ」があります。

こういった消化酵素の働きが悪いと、栄養を十分に体内の細胞に届けることができなくなります。

新陳代謝という言葉がありますが、年齢が若いほど代謝は活発で、高齢になるにしたがって疲れやすくなるのは、酵素の働きが低下することによるものといわれています。

高齢になるほど、酵素を増やす努力が必要になってくるのですね。

体内で作られる代謝酵素や消化酵素以外に、食品から摂ることのできる「食物酵素」がありますが、酵素はタンパク質の一種で熱に弱いので、加熱調理された食べ物には酵素が存在しません。

なので、酵素不足を補うためには、加熱していない食事から酵素を摂る必要があります。



不足する原因

加齢によりだんだん体の中の酵素の働きは低下してきますが、若くても酵素が不足する原因があります。

それは、不規則な生活習慣や食生活の乱れによるものです。

酵素は加熱した食品からは摂れないため、加工食品中心の食生活だったり、コンビニ弁当やスーパーのお惣菜ばかりの生活をしていたりすれば、必然的に酵素不足になります。

また、飲酒の習慣のある人は、アルコールを分解するために多くの酵素が必要になります。日頃、食べすぎ、飲みすぎの多い人は、少食の人よりも食べ物を分解するための「消化酵素」を多く使わなければなりません。

肩こりや腰痛、冷え性なども、新陳代謝が悪いことからきていることが多く、酵素は代謝に深く関係していますから、こういった症状は酵素不足によるものからくるのかもしれません。

酵素が大量に消費されるような生活を送っている場合には、それだけ多くの食品から「食物酵素」を摂取する必要が出てきます。

酵素ダイエットが流行っていますが、栄養不足の状態で正常な代謝が行われていなければ、酵素による効果を得ることは難しいでしょう。

酵素ダイエットを始めることは、食生活を見直すことにもつながりますので、痩せるだけでなく体質改善になります。